賃貸のままの方が良かったといつも言っています。

賃貸物件を借りるときに確認すべきこと

賃貸物件を借りるときには、カギが交換されているかを確認しましょう。前に住んでいた人が使っていたカギが交換されていなければ、防犯上、心配になります。できる限り、自分からカギの交換を申し出ましょう。あと、その物件にインターネット環境が整っているかを確認しておきましょう。最近は物件に光回線が工事済みで、プロバイダも勧めてくれるものが多くなっています。こういうケースだと、入居者は、勧めてもらったプロバイダと契約するだけで済むので便利です。

しかし、今でも小さなアパートや古い賃貸物件だと、インターネット環境が整っていないことがあります。回線工事から必要な場合も少なくありません。工事を入れるとなれば、入居から数週間かかってしまうこともよくあります。こんなとき、同程度の条件の物件で、インターネット環境が整っているものがあれば、そちらに入居する方が賢明かもしれません。

それから、気に入った賃貸物件を内見したときには、エアコンの数と設置場所を確認しておきましょう。当然ですが、どんなエアコンなのかも確認しておきましょう。エアコンを新たに自分で設置するとなると、かなりの出費になってしまいます。その物件の部屋の規模にふさわしいエアコンが、適切な数、適切な場所に設置されているかを確認しておくべきです。

関連リンク