賃貸のままの方が良かったといつも言っています。

賃貸物件を探すときには希望条件を明確にすること

賃貸物件を探すときには、通常、不動産業者を利用すると思います。しかし、不動産業者の担当者がお薦めの物件ばかり紹介してくれると考えるのは、ある意味で間違いです。不動産業者の立場から見ると、人気の物件については何もしなくても、お客さんからのアクセスによってすぐに契約に至ってしまいます。その一方で、なかなか契約に至らない物件というのもどうしても生じてしまいます。

不動産業者としては、なかなか借りてもらえない賃貸物件を借りてもらうことも仕事ということになります。そういった物件について成約を得ることが担当者の腕の見せ所であるとも言えるわけです。したがって、担当者が魅力的な話をしても、それが実は、なかなか借りてもらえない物件だということも、よくあることなのです。

よくある手法としては、先にかなり条件の悪い物件を紹介しておいて、次に、本当に借りてほしい物件を見せて、「この物件なら安心です」という紹介の仕方をすることです。このような営業に乗ってしまわないためには、自分がどんな賃貸物件を希望するのかを明確にして、書き出しておくことです。借りた後にどんな暮らしをしたいのかを具体的にイメージして、希望条件を明確に固めておきましょう。

関連リンク