賃貸のままの方が良かったといつも言っています。

賃貸住宅の内見時に必携のもの

賃貸住宅は、最初はインターネットなどで情報を収集するところから始まります。インターネットでの物件情報では、築年数や家賃相場など、さまざまなことを知ることができます。とりわけインターネットは、エリアを決めることに適しているでしょう。どこに住みたいのかまだ決まっていなければ、インターネットの検索の仕方では、簡単にそのエリアの家賃相場であるとか、職場からの移動時間だとかを調べることができます。

そうやってエリアを決めることができたら、不動産会社に赴くことになります。不動産会社では主に細かい部分の選定を行います。エリアが決まっているのだから、その土地でより部屋探し人の希望に近い家を一軒一軒見て回ることになります。すなわちそれが内見というものです。内見では、部屋の内部のを見ることができますから、おそらく部屋探しの中でも一番重要なポイントです。ですから、情報の漏れがないように、しっかり内見をする必要があります。

内見時には、メジャーを持っていくと良いでしょう。入口の幅とか、洗濯機置き場の広さ、はたまたクローゼットの面積など、計っておくとのちのちの家電の購入などにも役立ちます。それから地図をもって言っておくと良いでしょう。土地勘のないところに住む場合は、内見している場所があわからなかったりします。そういう時には地図で確認をして、近くに何があるのかを知ることができるのです。

関連リンク