賃貸のままの方が良かったといつも言っています。

賃貸物件の内見後に断るコツ

何箇所か賃貸物件に住んでみても、内見をする時には緊張してしまいます。というのも、不動産会社に行くと自分の希望にあう物件を何軒か紹介をしてくれて、数軒の物件に内見を連れて行ってくれますが、店舗でみた物件と実際見てみたらイメージと違っていた、何て事は多々あるものです。それは不動産会社に紹介された物件だけでなく、自分でインターネットで探してみた物件でも同じ事が言えます。内見をしても契約に至らない事はあることですので、もし自分の希望に合わなかった場合には、もちろん断って良いのです。

そこで、違う不動産会社でも内見を申し込んでいる物件があるので比較してみたいので、と一言伝えるという言い訳があります。比較して物件を選んでいるという事を伝えた方が良いのです。断りを入れるコツは、物件の悪い、気になった点を伝えたり、自分の希望する条件に合わないという事を理由にしない事です。というのも、こんな物件もあるという次の候補の物件を紹介されてしまいます。物件がイマイチだったという場合には、次の物件を紹介してもらいたいところですが、不動産会社が合わなかった場合もありえますので、不動産会社を変えたい場合には、物件を理由に言い訳をしない方が良いです。