賃貸のままの方が良かったといつも言っています。

賃貸契約も人と人とのつながり

気に入った物件があったとして、住む側としては周りの人が騒がしくないとか、共用部分をきれいに使ってくれるとか、色々不安な面があると思います。しかし、貸す側もまた家賃を滞納しないか、トラブルを起こさないか色々不安だと思います。賃貸契約を結婚を機にした私たちなのですが、保証人は一応定年になっている義理のお父さんになってもらい、夫が初任ではありましたが公務員といことで、大家と直接契約という形になりました。もちろん何かあれば仲介業者に相談することも可能ですが。私たちの場合、家賃をたばこを吸わない、ペットをかわないので少し安くしてもらえないかお願いしました。私たちが好印象だったとは思いませんが、もう一つの大手の会社ともそのアパートのオーナーは取引があり、そちらの方では諸経費を10万引くという提案をしてきました。

一番はじめにいろいろな物件を探してくれ、この物件を紹介し、ダメもとでも家賃交渉もしてくれた賃貸業者さんにやはりお願いした方が今後この街で住むのにも今後新しい物件を探すことになってもよいかなあと思い、正直に現状を話した上で、目先の10万円よりも色々親身に探してくださったこちらで申し込みたいと伝えました。その後、仲介業者さんががんばって大家さんにお願いしくれたこともあり、家賃も値引きしてもらい、敷金なども少し安くしてもらえました。今でも、街で会うとあいさつする仲です。

賃貸の審査の時にもちろん収入面なで色々引っかかる場合もあると思いますが、借りる側も不安なこと、お願いしたいことなど正直に仲介業者さんに相談してみれば、意外とスムーズに自分の気に入った家に巡り会えるのではないか感じました。