賃貸のままの方が良かったといつも言っています。

賃貸住宅を安く借りるために家賃交渉は有効な手段です

賃貸住宅を借りる際には、家賃は最も気になるポイントの1つです。なぜならば、固定費としての家賃は毎月発生しますので、高額な家賃は家計を圧迫する原因になるからです。少しでも家賃の安い賃貸住宅を借りることは、余裕のある暮らしを実現でするためには必要不可欠です。しかし単に家賃が安いだけの賃貸住宅は、周辺環境に問題があったり、建物が古く不具合があるような物件もあります。快適な生活を送ることのできる質の良い賃貸住宅を、安く借りるにはコツがあります。

それは家賃交渉をすることです。家賃の金額は大家さんが任意で決定しますので、同じアパートの隣同士の部屋でも、家賃が大きく違うことは珍しくありません。特に今は住宅が余っているのが現状ですので、家賃を交渉することで、引き下げに成功する可能性は大いにあります。家賃交渉のタイミングとして最も良い時は、家を借りる前に交渉をすることです。特に繁忙期以外の時期は、空室リスクを恐れる大家さんが多いので、交渉が成立する可能性は大いにあります。またすでに借りている物件の場合でも、更新のタイミングで家賃交渉をすると、家賃が下がる場合もありますので、やってみる価値は大いにあるのです。